MOSって何をする資格なの

category01

MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略です。

以前はMOUSという名前で、マイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト、という名前でした。


オフィス商品であるword、excel、powerpointの利用スキルを証明できる資格です。


最近はパソコンを使っての仕事が多くなっています。

パソコンが使えます、という説明はやはり資格を持っていると簡単にできます。
そしてこの資格は、世界でも行われているものになるので、MOSを取得していると世界各国でパソコンが利用できるとアピールできます。

MOSはオフィスのバージョンごとに資格が設定されています。

Excelの講座を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

オフィスのバージョンによっては形式がガラッと変わっているので、それぞれのバージョンでの資格となります。


このMOSの試験は、パソコン操作を実際にすることにより採点されます。

毎日新聞サイトで情報を入手してみて下さい。

試験会場はパソコン教室がほとんどで、問題も次々とパソコンに表示され、実際に操作をして合否の判定をします。

検定試験では数か月後に合否判定が出ますが、この試験は終了後にすぐ判定が出ます。

試験を受けてその場で合格したら、その日から履歴書の資格取得欄に記載することができます。

その為、就職活動をしている人にお勧めの試験になっています。



この試験の学習をするためには、書店で販売されている参考書を使い、自主学習をするか、パソコンスクールに通うかのどちらかになります。問題に特徴がありますので、手に操作を覚えさせるように学習することが、MOSの資格取得への近道です。

教育の特徴

category02

MOSは、マイクロソフト オフィス スペシャリストです。ハンバーガーではありませんし、掛け声や合図でもありません。...

subpage

教育コラム

category02

エクセルはさまざまな書類を作成したり、データを管理するために便利なソフトです。主にパソコンで操作する場合が多いですが、使いこなすほどに便利な機能が豊富につまったソフトで、業種を問わずさまざまな事務作業等に使われています。...

subpage

教育について情報

category03

データーの集計、分析、図式化が簡単にできるビジネスツールとして、エクセルがあります。あらゆるビジネス現場で有効に使えるように、開発され続けています。...

subpage

教育入門

category04

以前はパソコンが使える事がある種のアドバンテージでしたが、今では時代の進歩を受けまして、むしろ社会人の必須スキルとなりました。要するに社会人ならパソコン位、使えて当然だという世界観に変化しました。...

subpage